A woman so sad

通販のみ購入できます

the tablets

アンウォンテッド72は皆様がご存知の通りの、アフターピルです。通常、国内では必要が生じた際に産婦人科に受診して処方してもらう必要がありますが、個人輸入があるおかげで本当に助かっています。アンウォンテッド72により女性が特殊な理由によって婦人科に受診するという恥ずかしい思いをさせることもなく、また相手の女性が夜から朝までの不安な時間を過ごす必要もないということで、男性が常備していれば非常に有用な薬剤であると思います。アンウォンテッド72は婦人科領域の個人輸入可能な薬剤としてはベスト1に上がるのではないかと思います。アンウォンテッド72の今後のトレンドとしては不妊治療に関する薬剤が出てこないかと見守っています。このような薬剤は医師の処方の必要な薬剤でなく、外国のように薬局で薬剤師による処方ができるようにすれば、国内の多くの男女が救われることと思います。そのための取り組みとしては、高容量のホルモン薬を使ってはいけない患者の選択と、国内でそれが十分に周知されていること、薬剤師による十分な説明がなされること、効果不十分で妊娠した場合の対応がしっかりできることなどではないかと思います。

アンウォンテッド72の今後の動向は、国内の薬剤の販売承認に関係します。現在、産婦人科の学会が厚生労働省にアフターピルの薬局での販売の解禁に乗り出せば、比較的早期(1-2年以内)に販売となります。問題は販売価格ですが、承認されたとしてもほかの薬剤の状況を考えれば産婦人科を受診して処方される場合と比較してほとんど価格(自己負担額)に差がなくなることが多いようです。アンウォンテッド72は非常に安価で、産婦人科受診して処方を受けた場合より安価ですので、一般の薬局での販売が承認されて、知名度が上昇した方が売り上げは上昇すると考えられます。国内で薬局での販売が承認されない場合ですが、インターネットの普及とともに知名度は上昇し,販売数は徐々に増加する傾向になると思います。しかし、個人輸入数があまりに上昇すると、厚生労働省やマスコミによってチェックが入り、一旦停止のような措置が取られ、国内の意見集約が行われて承認なのか、個人輸入禁止のような措置が取られるのかということになります。さらに、血栓症、肺塞栓などによる突然死の症例が見られた場合で、国内全体で明らかになった場合には甚大な影響があると思われます。